司法書士 試験合格講座 申込は実績のある九州法律専門学院(福岡)で!全講座・全講習 生講義にて開講中

九州法律専門学院

司法書士 試験合格講座

0120-93-1699
閉じる

司法書士 講師紹介

谷原正浩 谷原正浩(たにはらまさひろ)先生 谷原正浩 プロフィール
昭和46年7月29日生まれ
[福岡県小郡市在住]

九州大学法学部卒業後、同大学院法学研究科修了。令和元年司法書士試験合格。令和2年12月福岡市中央区に司法書士事務所開設。現在学院グループの講師として活躍中。

稲富龍文 稲富龍文(いなとみたつふみ)先生 稲富龍文 プロフィール
昭和27年10月15日生まれ
[福岡県福岡市南区在住]

中央大学法学部政治学科卒業。英国滞在の後、司法試験に挑戦。その後、各種スクールで宅地建物取引士、行政書士、司法書士、公務員試験などの講師を務める。現在、学院グループの専任講師として活躍中。

講師陣より一言

訴訟関係が今後の重要な仕事に
 司法書士の受験者数は、全国で20,000人強おられます。時代を反映してか、資格を取得し独立しようとする人が多いようです。司法書士の世界も今、大きく変化しようとしています。司法書士法改正以降、簡易裁判所の代理権を獲得し弁護士と同じように訴訟を担当できるようになり、登記業務から裁判業務、成年後見制度、多重債務問題などに積極的に取り組む若い司法書士も多くなりました。もうひとつは、登記などは以前は書類での提出でしたが、現在はオンラインで申請できるようになっており、事務所を法務局のそばに構える必要もありません。
 試験の傾向としては、組み合わせて考えさせる問題が多くなり、簡単には答えが出ないようになっています。書式にしても、商業登記や不動産登記の問題に訴状の書き方などの訴訟問題も出題されています。訴訟関係は今後も重要な仕事だと位置づけられており、対策としてはまず、基本書に忠実に勉強することです。
 いきなり、訴状を書こうとしても無理ですから、まず基本をしっかりと把握する必要があります。特に、司法書士試験は民法に始まり民法に終わると言われるぐらい民法の比重は重いと考えています。

資料請求 講座申込